Skip to content
環境と共存する木材活用

フェアウッド

地球規模での環境問題に配慮しつつ、持続的発展を達成するためには、健全な自然環境の維持と資源の効率的利用が重要です。なかでも世界の森林は、その地域の経済発展にとって重要な役割を果たしていますが、無秩序な土地利用、森林火災、違法伐採などにより森林の健全性が脅かされています。地球規模での環境問題に配慮しつつ、持続的発展を達成するためには、健全な自然環境の維持と資源の効率的利用が重要です。

アーリータイムスアルファは、企業の社会的責任としてフェアウッドの調達を行っています。
「環境への貢献と良質な木材の使用」という観点からニューヨークオフィスより持続可能な適切な森林経営を実現しているに合格した良質な木材を輸入しています。森林は、適切な整備により二酸化炭素 の削減だけに留まらず水の循環を守り安定供給していくこと持続可能な適切な森林経営で、地球環境を保全し、多様な生態系を支えています。

二酸化炭素を吸収する森林

森林は光合成により二酸化炭素を吸収しますが、適切な森林整備をしなければ、温暖化防止に貢献する森林にはなりません。人が手を加え、健全に二酸化炭素が吸収できるよう育林する必要があります。人工林では苗木を植えた後、成長を妨げる雑草やツルを取り除く「下草刈り」や間引き作業である「間伐」などの育林を行うことにより、成長が促進され、二酸化炭素の吸収量も増大します。天然林でも確かに二酸化炭素を吸収しますが、木々の呼吸や枯死木の分解などで二酸化炭素を放出します。また、天然林は人が手を加えなくても生態系として安定しているため、長期的に見れば、二酸化炭素の増減はあまりありません。京都議定書で二酸化炭素を吸収したと認められるのは、人の手が加わっていない天然林ではなく、人の手で管理され、適切な森林経営(森林整備)がなされている森林です。

二酸化炭素を吸収する森林

米国における広葉樹林蓄積量は、生長量が伐採量を大きく上回ったこの50年間で、90%以上も増加しており現在、約100億㎥にも上り、さらに毎年2億 ㎥の割合で増加し続けています。自然のままの豊かな生物多様性、様々な生き物の共生する山火事にも虫害にも屈することのない、健全な森。こうした森林経営の行われている森林に、アメリカ広葉樹は成育します。2000年に実施されたRPA(US Renewable Resources Planning Act - 米国再生可能資源計画法)評価は米国の広葉樹林は樹齢が全体的に高まっており、また成熟してきたからこそ、生態系の多様化が進んでいることを示しています。

持続可能な森林経営

アーリータイムスアルファでは、間引き伐採材ではあるが、成熟した大変良質な広葉樹、森林認証規定に基づき伐採された【米国産フェアウッド】を原材料として、環境を守り育てるエコファニチャーをお客様にお届けしています。育林の行われない森林では、木々の呼吸や枯死木の分解などで、二酸化炭素を放出します。京都議定書で二酸化炭素を吸収したと認められるのは、人の手が加わっていない天然林ではなく、人の手で管理され、間引き作業である「間伐」などの保育「適切な森林経営(森林整備)」がなされている森林です。

持続可能な森林経営

■太陽光と空間の役割

  • 仝合成でCO2を削減します。
  • 動植物の死骸を適切に分解する土壌菌の働きを助けます。
  • 6間があくことで、気が十分枝や根を張り、丈夫に育ちます。
  • ね佞榔の勢いを和らげ地面をいたわります。
  • タ垢脇鷸晴獣坐任魑曚辰道請任鮑遒蠅泙后
  • Ρ水をろ過してきれいにし、森の養分をちかすいにあたえます。
  • Шは、土砂の流出を止めちかに保水します。

木が育ち森が密集すると、日の光を遮ったり枝を伸ばす空間がなくなり、木が育たなくなります。森は成熟した木を間引きすることで日光が入り、木がのびる空間が出来て森が若返ります。環境を守るためには、このような育林が必要です。アーリータイムスアルファでは、森を守るための育林から切り出される、成熟したフェアウッドを活用しています。

森は水を守り、多様な生態系を支えている

適切に森林整備されている森は 二酸化炭素を削減します。大きな環境循環の中で水や地形、海洋環境、海の中の生き物達の命も守り育てています。森の保水能力により、腐葉土にしみこんだ雨水は、魚介類の餌となるプランクトンや海草類を育てるために必要なミネラルを多く含んだ水となって海に注がれ、水中の生物層を多様化させ、魚や貝、海草を豊かに育ます。森は、川や海の生物を育てる役割も果たしています。

森は水を守り、多様な生態系を支えている

豊かな森は、雨水を一度に流せず、葉や土壌の中にいったん貯えてから徐々に川や海に流します。森が無ければ、降った雨が一度に流れ洪水や土砂崩れが起こり、地形は大きく変化してしまいます。
地表に木が無くなると木の中や葉や、根が無くなり、森や土の中に水を貯めておけなくなるために、地下水が蒸発し、植物や生物に必要な水が不足します。豊かな森林は、土に深く根を張り土砂や濁水が一度に流出することを防ぐと同時に、良質の土砂を供給し、安定的な砂浜や干潟をつくり、類の育成地をつくります。

適切に森林整備されている森は 二酸化炭素を削減します。大きな環境循環の中で水や地形、海洋環境、海の中の生き物達の命も守り育てています。森の保水能力により、腐葉土にしみこんだ雨水は、魚介類の餌となるプランクトンや海草類を育てるために必要なミネラルを多く含んだ水となって海に注がれ、水中の生物層を多様化させ、魚や貝、海草を豊かに育ます。森は、川や海の生物を育てる役割も果たしています。

米国の森林規制

持続可能な森林経営の実現に向け、米国は効果的かつ拘束力のある規制枠組を敷いています。米国の森林規制は、林業が一大産業を形成し、民間の手による森林経営の長い伝統があること、そして強い世論といった、国内の森林を巡る環境に沿ったアプローチをとっています。
国有林および州有林は、持続可能な森林経営を目的とする詳細な法規定に従い、市民への説明責任を有す行政当局が直接経営しています。また、米国内の森林所有者は全員が、絶滅の危機に瀕する動植物の生息地の保護を目指した連邦法を遵守する義務があります。民有林に関する規制は、動植物保護以外の面に関しては、州政府に一任されています。

2000年RPA評価はこれらの規制が全体的に強化されていると報告しています。いまや44もの州がベストマネジメントプラクティスに基づく法規制を導入しより良い森林経営を推進しており、伐採地や水質汚染の可能性のある土については特に注意が払われています。

米国の森林規制

連邦政府はじめ、州および市町村も、民間所有者に経済的な魅力や技術援助を提供し、土地経営の改善を奨励しており、9つの州がそれぞれ森林経営法を定めており、森林経営計画、植林など、所有者の履行義務を規定しています。他の木製品と同様、アメリカ広葉樹は他の材料に比べ、多くの環境上の利点を有しています。
ライフサイクル分析(LCA)という新しい科学は、原材料調達に始まり、製造物の寿命、製造物の使用が終わり取り壊されるに至るまで、ある製品の寿命の全ての段階を通じ、環境に与える効果を評価するものです。最近のLCA研究では、優れた経営の森林から生産される木製品は、環境上優秀な選択肢となることが確認されています。